So-net無料ブログ作成

「japan 蒔絵」展 [Art]

japan 蒔絵 ー宮殿を飾る 東洋の煌めきー
サントリー美術館 2009年1月12日(月)

この日は大阪から午前中に移動して東京に戻って来た。夜にはBillboard Live 東京でChaka Khanのライブがあるが、それまで少し時間があったので、同じミッドタウンにあるサントリー美術館に行ってみることにした。

昨年秋に京都で開催されてからこちらに来たもので、展示の前半は10世紀から16世紀までを中心に、京都国立博物館や高台寺、建仁寺などから国宝、重文も含めた所蔵品が並び、かなり古いものでも状態は良くなかなかに味わい深い。

一方、展示の中盤以降は安土桃山の「南蛮漆器」、さらに江戸時代にかけてヨーロッパに渡ったものが中心。特に鎖国以降の「紅毛漆器」と呼ばれ、現在はヴィクトリア&アルバート美術館やギメ東洋美術館に所属されている品々の豪華な華やかさには圧倒される。さらに「ダイヤより蒔絵」と言っていたマリア・テレジアの影響も受けて熱心な蒐集家だったというマリー・アントワネットのコレクションはヨーロッパ有数のものとのことで、細工の細かいミニチュアの箪笥のような小物入れ、香合など、優雅かつ贅沢なものが並ぶ。

その他の王侯貴族所有の逸品も含め、フランス革命以降に散逸する一方でロスチャイルドを初めとする資本家、実業家などに所有されながら、現代では美術館に収まって我々の目に触れること自体が奇跡のようでもある。

まだまだゆっくり観ていたかったが、気がつくと次の予定の集合時間が迫ってきたこともあり、少し後ろ髪を引かれながらも慌ただしく会場を後にした。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る
【特定電子メール法に基づく表示】広告メール、迷惑メールの送信はお断りします

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。